ric's blog

日記のような、雑学のような。思いつきで書いてます。  拙い文章ですが、お付き合いいただけますと幸いです。ごゆっくりどうぞ。お茶はセルフですが。 "diary"じゃなくなってきた気がするのでblogにしときました。

子供は賢い?

僕も酒が飲める年ではありませんがね。こんなこともたまに書きたくなるものです。普通の人(同年代の人)より何かずれてますし。では本題です。

1+1=? なんて問題がありますね。小学校低学年の頃に習いましたよね。

答えはなんでしょう。

一般常識から答えれば「2」です。このブログを見れる年齢ならわかるでしょうが。

でも田んぼの田とかと答える人もいます。教室にいた、もしかしたらあなたがそうだったんじゃないでしょうか。

 

田んぼの田 なんて、一見するとひねくれた答えにも見えますが、考えた人は賢いですよね。なんて思ってたりします。

1+1=2 なんてのは、ただの定義です。定義があるからなんでも証明できるんでしたね。

ただ、そんな定義ばかりにとらわれていると、視野が狭くなるんじゃないかと思ってます。

※今更ですが、馬鹿な人間が書く事ですから、これが正しい、とは断言できません。ただ、こんな意見もあるんだな程度ででも見ていただらな、と思ってます。

 

 

視野が狭い人は、言い方が悪いですが、

「偏った物の見方しかできない」ということですよね。

 

偏ったものの見方しかできないとどうなるか。グローバル化なんて絶対できるわけありません。日本人は日本の常識=世界の常識だとかいうわけですからね。あくまで間接的にですが。

 

それを考えると、1+1=田 というのは、賢い考えかと思えるのではないでしょうか。

 

ほかにもありますよね。同じ1+1なら「11」なんてのもありますし、

3+3 , 1+5だとかいろいろあります。

小学1年のころ、2×9の答えを担任にきくと「ジュージュー」と帰ってきました。

肉ジュージュー。美味しそうですね。

きっと大人も、広い視野を持っているのでしょう。ただ、社会では否定されるからその考えを封印しているのでしょうね。

まあ、会社でこんなふざけたことしてたら首がかかってますしね。

 

でも、子供からこういった考えを封じるのはどうかと思います。

考えて育ちますからね。僕はもう退化かもしれませんが。

 

それに、入社試験でこんな問題が出されたことがあるそうです。

富士山をどう動かしますか

 

狭い視野の答えはきっと「動かせない」でしょうね。不合格です。

この質問はマイクロソフト社の入社試験で出されたそうです。

 

 

広い視野を持つことの大切さ、これが重要です。ということです。まとめ終わり。

文中の異文化については、今日耳にしたことを思い出したのでそれと紐付けてみました。

 

まあ、プログラマってのは、今回のそれに近い創造力が必要ってのもこれを書いた理由ですがね。

ただの現実逃避かもしれませんね。まあ、このブログは適当(気まま)がモットーですし、いいでしょう。

ではまた。 次はいつもどおりの記事かな。多分ね。

広告を非表示にする